途中休憩を取る

家族04

子供を含めて長距離ドライブをすると、その過程でさまざまなトラブルが起きる場合がありますが、その一つとしては子供が移動時間に飽きてしまい退屈になるケースです。

大人であれば別に移動時間に退屈を感じたとしては暇のつぶし方はいくらでも見つける事が出来ますが、子供の場合はそういう訳にもいきません。

ゲームでは本でも子供は飽きてしまうと一気に不機嫌になる場合があります。

子供を出来るだけ退屈させない方法として定期的に車を止めて「休憩」を挟む事です。

高速道路でもパーキングエリアがありますし、一般の道路であっても道の駅がありますので休憩をして羽を伸ばす事が出来る場所はいくらでもあります。

気分転換で少しでも外に出ると子供は羽を伸ばせますし、また車の中で一人でも遊ぶ事が出来る気分になります。

もちろん、子供の為でなくても定期的な休憩は長距離ドライブには必要な事です。ドライバーは運転で疲れてしまいますし、同乗者も同様にずっと座っている状態では疲れてしまいます。

子供の退屈を解決するだけではなく、定期的な休憩にはさまざまな意味がある為、意識的に休憩する事がおすすめになります。

ドライブの際には是非休憩を挟んで羽を伸ばす様にしてみてはいかがでしょう。

コメントは受け付けていません。